株式会社グルンドコンサルタント
水質調査から品質保証までのトータルサポート

078-651-8739

image

水質調査

グルンドTOP >> 環境調査 >> 水質調査

公共用水域水、工場排水、地下水、飲料水など生活環境に影響を及ぼす水の分析を行っています。

工業用水、地下水、公共用水などの調査・分析を行っております。正確なサンプリングと精密な分析をいたします。井戸水や貯水槽などの飲料水の水質調査だけでなく、工業用水・処理排水など、行政機関の検査結果を必要とされる場合など、様々なニーズにお応えさせていただきます。調査分析を行うに当たっては、対象水の調査結果の使用目的や水の汚染度、有害物質の基準値、物質の存在する形態などを考慮し、最適な分析方法のご提案を行います。

土壌汚染調査

【水質汚濁に係る環境基準】

項目 基準値 測定方法
カドミウム 0.01 mg/l 以下 日本工業規格 K 0102 (以下「規格」という)55に定める方法
全シアン 検出されないこと 規格 38.1.2 及び 38.2 に定める方法又は規格 38.1.2 及び 38.3 に定める方法
0.01 mg/l 以下 規格 54 に定める方法
六価クロム 0.05 mg/l 以下 規格 65.2 に定める方法
砒素 0.01 mg/l 以下 規格 61.2 又は 61.3 又は 61.4 に定める方法
総水銀 0.0005 mg/l 以下 本告示の付表 1 に掲げる方法
アルキル水銀 検出されないこと 本告示の付表 2 に掲げる方法
PCB 検出されないこと 本告示の付表 3 に掲げる方法
ジクロロメタン 0.02 mg/l 以下 日本工業規格 K 0125 の 5.1、5.2 又は 5.3.2 に定める方法
四塩化炭素 0.002 mg/l 以下 日本工業規格 K 0125 の 5.1、5.2、5.3.1、5.4.1 又は 5.5 に定める方法
1,2-ジクロロエタン 0.004 mg/l 以下 日本工業規格 K 0125 の 5.1、5.2、5.3.1 又は 5.3.2 に定める方法
1,1-ジクロロエチレン 0.02 mg/l 以下 日本工業規格 K 0125 の 5.1、5.2 又は 5.3.2 に定める方法
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.04 mg/l 以下 日本工業規格 K 0125 の 5.1、5.2 又は 5.3.2 に定める方法
1,1,1-トリクロロエタン 1 mg/l 以下 日本工業規格 K 0125 の 5.1、5.2、5.3.1、5.4.1 又は 5.5 に定める方法
1,1,2-トリクロロエタン 0.006 mg/l 以下 日本工業規格 K 0125 の 5.1、5.2、5.3.1、5.4.1 又は 5.5 に定める方法
トリクロロエチレン 0.03 mg/l 以下 日本工業規格 K 0125 の 5.1、5.2、5.3.1、5.4.1 又は 5.5 に定める方法
テトラクロロエチレン 0.01 mg/l 以下 日本工業規格 K 0125 の 5.1、5.2、5.3.1、5.4.1 又は 5.5 に定める方法
1,3-ジクロロプロペン 0.002 mg/l 以下 日本工業規格 K 0125 の 5.1、5.2 又は 5.3.1 に定める方法
チウラム 0.006 mg/l 以下 本告示の付表 4 に掲げる方法
シマジン 0.003 mg/l 以下 本告示の付表 5 の第 1 又は第 2 に掲げる方法
チオベンカルブ 0.02 mg/l 以下 本告示の付表 5 の第 1 又は第 2 に掲げる方法
ベンゼン 0.01 mg/l 以下 日本工業規格 K 0125 の 5.1、5.2 又は 5.3.2 に定める方法
セレン 0.01 mg/l 以下 規格 67.2、67.3 又は 67.4 に定める方法
硝酸性窒素及び
亜硝酸性窒素
10 mg/l 以下 硝酸性窒素にあっては規格 43.2.1、43.2.3 又は 43.2.5 に定める方法、亜硝酸性窒素にあっては規格 43.1 に定める方法
ふっ素 0.8 mg/l 以下 規格 34.1 に定める方法又は規格 34.1(c)(注(6)第三文を除く。)に定める方法(懸濁物質及びイオンクロマトグラフ法で妨害となる物質が共存しない場合にあっては、これを省略することができる。)及び付表 6 に掲げる方法
ほう素 1 mg/l 以下 規格 47.1、47.3又は47.4 に定める方法

▲PageTOP

業界トップクラスの実績を誇る地盤調査・解析から品質保証までトータルサポートで対応致します。
当社ならではのソリューションを、ぜひご活用ください。
TEL:(078)651-8739