株式会社グルンドコンサルタント
振動・騒音調査から品質保証までのトータルサポート

078-651-8739

image

振動・騒音調査

グルンドTOP >> 環境調査 >> 振動・騒音調査

騒音・振動の発生源としては、工場・事業場、建設作業、自動車、深夜営業、航空機など多種多様なものが挙げられます。

アスベストimg

特に、建設工事に伴い発生する騒音・振動について、建設機械類は生活の場に近接した場所で作業することも多く、非常に大きな騒音・振動を発生する要因となっています。このため、工場及び事業場騒音・振動と同様に苦情が多くなっています。
弊社では、特定の工場及び特定の建設作業に対する騒音・振動測定を行います。同時に、環境騒音・道路交通騒音などの測定も実施しております。また、騒音対策に必要な騒音レベルの周波数分析、近年問題とされている低周波騒音についても承っております。
また、騒音レベル・音圧レベルを測定する騒音計、公害振動を測定する振動計など、騒音・振動測定に用いられる測定器レンタルを取り揃えております。

【振動の評価方法】

① 指示値が変動せず又は変動が少ない場合は、その指示値とします。
② 指示値が周期的、間欠的に変動する場合は、指示値の最大値の平均値とします。
③ 指示値が不規則、大幅に変動する場合は、測定値の80%レンジの上端値とします。

【振音の評価方法】

① 指示値が変動せず又は変動が少ない場合は、その指示値とします。
② 指示値が周期的、間欠的に変動する場合は、指示値の最大値の平均値とします。
③ 指示値が不規則、大幅に変動する場合は、測定値の90%レンジの上端値(L5)とします。
④ 指示値が周期的、間欠的に変動し、その指示値の最大値が一定でない場合は指示値の
最大値の90%レンジの上端値(L5)とします。

アスベストimg

騒音・振動は、その多くが人の日常生活の営みや産業活動により発生するものであり、生活の場に密着した一種の公害といえます。そのため、公害関連の苦情のうち、騒音・振動に対する苦情は全体の多くを占めています。

騒音及び振動を規制する法令としては、騒音については、環境基本法に基づき、人の健康を保護し、生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準である環境基準が定められております。また騒音規制法により、厳しく規制されています。振動については環境基準は定められていませんが、振動規制法により規制されています。
騒音規制法、および振動規制法に基づき、特定の工場、また、特定の建設作業では、騒音・振動を測定することが義務づけられています。また騒音環境基準の達成状況確認のため、騒音測定を行わなければなりません。

▲PageTOP

業界トップクラスの実績を誇る地盤調査・解析から品質保証までトータルサポートで対応致します。
当社ならではのソリューションを、ぜひご活用ください。
TEL:(078)651-8739