株式会社グルンドコンサルタント
ボーリング調査から品質保証までのトータルサポート

078-651-8739

image

ボーリング調査

グルンドTOP >> 地盤調査・試験 >> ボーリング調査

ボーリングimage01

【総合判定する事項】 【N値から直接推定される事項】
  • 構成土質、深さ方向の強度の変化
  • 支持層の位置(地表からの深さと配列)
  • 軟弱層の有無(圧密沈下検討の対象となる土層の厚さ)
  • 排出条件その他
  • 【砂質地盤】
  • 相対密度、内部摩擦角
  • 沈下に対する許容支持力
  • 支持力係数、弾性係数
  • 【粘性土地盤】
  • コンシステンシー
  • 一軸圧縮強度(粘着力)
  • 破壊に対する極限および許容支持力
ボーリングimage02

ボーリング調査は、従来の油田や温泉を目的とした掘削だけでなく、地質やそれに含まれるものの調査なども可能です。地表から到達点までの土壌のサンプルを掘削機器内のパイプに円筒状に取り込みます。また、地盤の工学的性質を求めるために行われる、標準貫入試験などに用いる計器類の設置を目的とする場合もあります。

特徴として、

などが考えられます。


ボーリングimage03

ロータリー式機械ボーリングは、サンプルの採取、地質調査、地盤の特性を調べるための各種原位置試験、計測機器の設置等を目的として行います。

コアを採取する器具であるコアバレルの先端にビットと呼ばれる掘削器具を取り付け、そのビットに回転と給圧を加えることによって、地層を掘削します。
掘削時に生じた堀くずは泥を循環させ、孔外に排除します。
標準貫入試験、ボーリング孔を利用した原位置試験を組み合わせることにより、地盤の様々な特徴、情報を得ることができます。また、地すべり対策のための水抜き孔、揚水井戸等の掘孔が可能です。

ボーリング調査の注意点として、
・作業スペースが大きい(4m×5m程度)
・土地の地質によっては、時間がかかる場合がある
などが考えられます。


ボーリングimage04

採掘によって土や岩石の試料を採取することをサンプリングといいます。ボーリング調査と同時に行う標準貫入試験は、土の硬軟や締まり具合をN値で表すとともに土を乱した状態で採取することができます。

こうした場合には、地質を目視判定する形になります。 土が乱れた状態では、土の本来の性質が十分に評価できません。

乱さない土の採取は、土質試験を目的として採取されます。地質の種類、状態に応じて、シンウォールサンプリング、デニソン(二重管)サンプリング、コアパックサンプリングや三重管サンプリング、軟らかく締まっていない砂質土ではサンドサンプラーという特殊なサンプリングを行うこともあります。

▲PageTOP

業界トップクラスの実績を誇る地盤調査・解析から品質保証までトータルサポートで対応致します。
当社ならではのソリューションを、ぜひご活用ください。
TEL:(078)651-8739