株式会社グルンドコンサルタント
各種解析業務から品質保証までのトータルサポート

078-651-8739

image

各種解析業務

グルンドTOP >> 地盤調査・試験 >> 各種解析業務

各種解析業務

軟弱地盤解析業務は、軟弱地盤上に盛土を行なったり、液状化の懸念のある場所に構造物を設置したりする場合に、基礎地盤の性質を把握し、対策工を検討するための基礎資料を得ることを目的とします。

軟弱地盤解析については、まずは地質調査を行います。ボーリング調査サウンディング試験室内土質試験、各種物理試験などを行い、正確なサンプリングをいたします。その後、盛土施工や圧密沈下についての検討を行い、具体的な施工内容について検討いたします。また、軟弱地盤の解析としては、その他に液状化の対策についての検討があります。


各種解析業務

地質解析業務は、十分に経験を積んだ技術者と若手技術者が一体となってそれぞれの特徴を活かし、調査結果のとりまとめから解析業務を行っています。

以下が主な解析業務内容です。
・地層地質分布状況についての考察
・調査結果に基づく地盤定数の提案
・支持地盤や想定すべり面の判定
・地質平面図、地層地質断面図、地すべり断面図等の作成
・機構解析
・斜面の安定解析(切土・盛土)、地すべり安定解析


各種解析業務

物理探査解析業務では、様々な手法の物理探査に基づくデータを正確に解析いたします。

主な物理探査は以下です。
レーリー波探査(表面波探査)
・弾性波探査
・PS検査
この他にも様々な物理探査を行っております。
これらの探査によって得られたデータを解析いたします。


レイリー波探査(表面波探査)につきましては、レーリー波は地表より一定の厚さで伝わっていく性質があり、その厚さは振動の周波数に依存します。
よって、異なる周波数の表面波を計測することで、地表から深部地盤に至るあらゆる深度における表面波伝播速度を計測することができます。
弾性波探査につきましては、現在はコンピューターを使った解析法(高密度弾性波解析)も同時に広く使われています。
しかし、弾性波探査はコンピューターでは解析しにくい低速度部分の解析に優れています。

また、振動、騒音調査につきましては、特定の工場及び特定の建設作業に対する騒音・振動測定および解析を行います。
同時に、環境騒音・道路交通騒音などの測定および解析も実施しております。
また、騒音対策に必要な騒音レベルの周波数分析、近年問題とされている低周波騒音についても承っております。

▲PageTOP

業界トップクラスの実績を誇る地盤調査・解析から品質保証までトータルサポートで対応致します。
当社ならではのソリューションを、ぜひご活用ください。
TEL:(078)651-8739