株式会社グルンドコンサルタント
湿式柱状改良工事から品質保証までのトータルサポート

078-651-8739

image

湿式柱状改良工事

グルンドTOP >> 地盤補強工事 >> 湿式柱状改良工事

湿式柱状改良工事

湿式柱状改良工法とは、共回り防止翼の付いた特殊な 掘削翼で土中を掘削し、先端から噴射するセメントミルクやセメントスラリー(固化剤に水を加えたもの)と掘削土を攪拌・転圧し、地中にφ600㎜~φ800㎜程の柱状体を作る工法です。柱の周面摩擦抵抗および先端支持力により住宅を支えます。

特に軟弱な地盤に有効な工法で、建物地盤の支持力を向上させます。住宅を主体とした一般構造物等沈下を防止します。また、表層改良では対応できない深層地盤の改良を行う事が可能です。

施工には掘孔混合攪拌を行う穴掘り建柱車、固化材を貯留しておくサイロ、固化材と水を混練りするミキサー、固化材液を施工機械に圧送するポンプなどで構成されます。穴掘り建柱車には地盤に貫入するロッド、その先に攪拌を行う攪拌翼が取り付けられています。

項目 適用基準等
改良径 原則、設計はφ600mm以上とする。
ただし、支持力上、不具合が生じない場合はφ500mmでも可とする。
φ600mm・φ500mm
改良長さ φ600mm : 1.5m~8.0m
φ500mm : 1.5m~5.0m
ピッチは、原則 0.5mごととする。
下部地盤 換算N値 = 3.1以上
下部地盤層厚 2.0m以上
根入れ 0.25m以上を考慮する
設計基準強度 Fc = 600KN/m2
周面摩擦を考慮できる層 Wsw 0.75KN以上とする。
但し、「ストン」と自沈した場合は除く。
改良体配置 改良体の配置は、基礎立上り下部にピッチ 2.0m以内で配置する。
出隅、入隅、半島基礎は配置する。人通口、開口部には設けない。
材料 セメント系固化材。原則 、六価クロム低減型とする。
配合 添加量 300kg/m3以上、 水/固化材比(W/C) 80%以下

湿式柱状改良工法の基本的な作業工程は以下の通りです。
①地盤の掘削:基礎直下の地盤に専用機械で円柱状に掘削します。
②固化材混合・撹拌:セメントスラリー(固化材+水)またはセメントミルクを注入し、混合・撹拌します。
③再混合攪拌:改良体先端の攪拌ムラをなくすため再度混合攪拌を行う。
④杭頭処理:人力で柱の頭部の形を整え、所定の高さに仕上げます。

湿式柱状改良工法の注意点として、主に以下の項目があります。
・残土が発生しますので、処分が必要です。
・固化材をミルク状にするため、水が必要です。
・プラント、回送車などの重機も設置する必要があるので、進入路や敷地が狭い場合には搬入が困難になることがあります。

▲PageTOP

業界トップクラスの実績を誇る地盤調査・解析から品質保証までトータルサポートで対応致します。
当社ならではのソリューションを、ぜひご活用ください。
TEL:(078)651-8739