株式会社グルンドコンサルタント
表層土壌改良工事から品質保証までのトータルサポート

078-651-8739

image

GRRシート

グルンドTOP >> 地盤補強工事 >> GRRシート工法

GRRシート工法とは

GRRシート工法とは基礎の根切り底地盤に砕石を撒き出し、それを転圧して盤構造を形成し、その上に地盤補強シート(GRRシート)を敷設することにより地盤を補強する工法です。シート上にはさらに砕石撒き出しと転圧が行われます。砕石層に挟まれたGRRシートに建物荷重が作用すると、わずかな地盤の沈み込みによりシートに張力が発生します。発生したシートの張力は、地盤の均質性を高める役目を果たすことから地盤にかかる建物荷重は分散化され、地盤沈下や不同沈下が抑制されます。

GRRシート敷設図

GRRシート敷設図

GRRシートを敷設した基礎構造の断面図

GRRシートを敷設した基礎構造の断面図

GRRシート工法の特徴

GRRシート工法は、軟弱地盤の支持力増加と不同沈下および沈下量を低減する事が可能な工法である。これらの効果は地盤調査結果に、地質、その他性、地下水位、周辺環境などを精通して設計された砕石転圧とシート敷設により生ずる。
GRRシートを挟み込んだ砕石層は個々の骨材が互いに絡み合い、荷重が骨材を通じて鉛直力や水平力に分散と伝達することで荷重分散効果が生ずる。これによるシートの強い引張り力により施工地盤のせん断耐力が増大し、地盤強度向上に寄与するものである。GRRシート工法の特徴は以下をご覧下さい。

GRRシート工法適用可能な地盤

GRRシート工法は以下に示す地盤条件の場合に適用可能である。

▲PageTOP

業界トップクラスの実績を誇る地盤調査・解析から品質保証までトータルサポートで対応致します。
当社ならではのソリューションを、ぜひご活用ください。
TEL:(078)651-8739