株式会社グルンドコンサルタント
耐圧盤工法から品質保証までのトータルサポート

078-651-8739

image

耐圧盤工法

グルンドTOP >> 沈下修正工事 >> 耐圧盤工法

湿式柱状改良工事

耐圧盤工法は、ジャッキを使い傾いた家を水平に戻す工法です。

家の基礎下の土を掘り起こし固定ベース・ジャッキを設置します。施工箇所の地盤が家の重さに耐えられるようにジャッキの下部分に耐圧版を敷きます。ジャッキアップを行い家の沈下・傾きを水平に戻します。主に地盤表面だけが軟弱な場合、地盤がこれ以上沈まない(収束している)場合に行います。この工法は、地盤の圧密沈下が終息していることが前提となり、施工に当たっては事前に沈下測量を数回に分けて行い、沈下が終息したことを確認するが必要があります。

ジョッキを使って住宅を持ち上げますので、住宅に居住したままでの施工が可能です。特に引っ越しなどの必要はございません。また、施工の上で手を加える場所が少ないので、補習費を大きく軽減できます。

居住したままで施工が可能 大型の資材・工具を使用しない 騒音、振動が少ない 壊す箇所が少なく、補修費を節減できる。
各種解析業務

大型の工具・資材を使用しません。また、振動・騒音・ほこりが少ないため、近隣の方々にご迷惑をおかけしません。

以下が主な作業工程です。
①掘削:作業のために基礎の横から1m×1m×0.8m程度の大きさの穴を掘ります。
②鋼管圧入:鋼板を敷き油圧ジャッキにて圧縮し、反力を確保できる盤を作ります。
③水平復旧:水平復旧:ジャッキ支持台を設置し、油圧ジャッキを用いて建物の水平修復をします。
④充填:基礎と地盤の隙間にエアミルク等を圧送充填します

▲PageTOP

業界トップクラスの実績を誇る地盤調査・解析から品質保証までトータルサポートで対応致します。
当社ならではのソリューションを、ぜひご活用ください。
TEL:(078)651-8739